咲野BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すっかり冬でございます

もう年の瀬も迫っておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか、相変わらずの更新無精、咲野俊介でございます。


さて、前回お知らせした「ジバラジオ~Red Light Hour」、ほそぼそながら月二回配信でお送り致しております。
いわゆる人気声優さん達のラジオ番組とは違う、ラジオ寸劇番組が出来ればと、知恵を集結して造っております。


で、今回は舞台のお知らせを!
昨年末、グワィニャオン・ハグハグ共和国・ジャングルベルシアターというそれぞれ方向性の違う小劇団3つが合同で上演した「生きてるうちが華なのよ」の好評を受け、2014年2月、ハグワイベルシアターpart2「Dear…私様」の上演が決定致しました!
初演は2004年だそうで、なんと十年ぶりの再演です。途中2008年に「IのMEMORIES」として再構成し、T★1演劇グランプリという演劇コンクールでグランプリを受賞した思い出深い作品です。
グワィニャオンファンの間でも再演を希望する声が高いらしく、合同公演の第2回に選ばれました。

十年ぶり…、実は私、この作品の初演でセミヌードを披露しておりましたが…、果たして48歳の肉体が鑑賞に耐えうるのか…現在思案中です。

そんなこんなの「Dear…私様」是非ともご覧下さいませ!

秋でございます

お知らせ遅くなりました。
突然ですが、明日11月5日から、新しいインターネットラジオ番組の配信がスタート致します。
その名は「ジバラジオ~Red light hour」、コントラジオドラマを主としたバラエティー番組です。

久々ですね、以前やっていた「ハイライフゼロ」(もう10年近く前になりますかね)は思いついた事をダラダラ喋るトーク番組でしたが、「ハイライフゼロ」でもやってみたかったラジオドラマを、今回はメインにしています。
しかも頭にコントを付けてます。

どんな物かは聴いて頂くしかありませんが、ちょっと歯車が狂った物語や、ちょっとボタンを掛け違った物語がそこにはあります。

日常に起こるちょっとだけおかしな局面に、失笑したり苦笑したりしてもらえれば幸いです。

メンバーは、普段洋画や海外ドラマで一緒に仕事をしている戦友達と、勝手に巻き込まれた若手達。

詳しくは「ジバラジオ」HPか、配信サイト「音泉」HPをご覧下さい。

感想や厳しいご意見頂ければ、今後の番組造りに役立ちます。

久々の更新で勝手な事言ってますが、どうぞよろしくお願いします。

ありがとうございます!

ユガミ検事、なんだかご好評いただけてるようで、本当に嬉しく思います。

ファンの多いシリーズの新登場キャラクター、正直世に出るまでは不安だらけでしたが、シリーズをずっとやって来た業界の後輩達からも珍しく誉めて貰ったりもしました。

ひょっとすれば、この先の展開でもまた登場する可能性もあるので、その時はまた、よろしくお願いします。

コメント戴いた皆様、ありがとうございます!

またのご無沙汰で。

また約1ヶ月もご無沙汰してしまいました、まだまだ残暑厳しき折、皆様いかがお過ごしでしょうか?

遅れ気味ながらお知らせを!

まず、もう4話目の配信がスタートしておりまして、今更かもしれませんが、「逆転裁判5」のボイスドラマが逆転裁判5公式サイトにて毎週木曜日に無料配信されております。

私は勿論、ゲームと同じ、夕神迅(ユガミ)検事のCVを担当しております。

実はここだけの話、ゲーム中のボイス収録時は、ユガミ検事の設定年齢を知りませんでした。
べらんめえ口調や衣装のイメージから、スタッフさんと相談の上あのようなキャラクターに落ち着いたのです。
そしていよいよゲームが発売され、キャラクターの設定を知るにつれ…正直「おい、あれで大丈夫なのか?」って気持ちになって来ました。

なんと28歳なんですよ!あの方、私の実年齢より20歳もお若いんです。
収録時には若作りなんてまったく意識していませんでした。

で後日、ボイスドラマの収録の日、それなりに長い台詞もありますし、ゲーム中よりも声のトーンも少しは高く(少しは若く)、喋るテンポも少しは早くした方が聴き苦しく無いかな?なんて勝手に思っていたのですが、テストが終わってスタッフさんからのダメ出しが…「ゲームの時はもっと低めのお声でしたよね?」「もっとゆったり喋って下さい。」というものでした…。

なるほど、ごもっともです。
ユガミ検事は7年もの間獄中にいたのです。
その7年という時間が、シャバとは違う重く長い時間が、彼の心身に与えた影響は計り知れません。

「だから彼がまるで48歳のオッサンみたいな声になっても不思議はない…、そしてあの、ゆっくりとうねる様な喋りこそが彼の得意とする心理操作に繋がるのだ!」
と非公式かつ自分に都合良く解釈させて頂く事にしました。
そんな28歳ぶってないオッサン丸出しの声が聴ける「逆転裁判5」~逆転のアニマルサーカス?!~は、全5話配信した後、オマケエピソードを加えたドラマCDとして10月16日発売予定です。


さて次もオッサン声のお話。

こちらもすでに正式発表がされていますが、私個人的には随分久しぶりに「龍が如く」の最新作に声の出演をさせて頂きます。

私が担当するキャラクターは、そこがこの作品の複雑なところなのですが、幕末の有名登場人物を、「龍が如く」シリーズの登場キャラクター達が演じる(?)という構造になってまして、私が本シリーズで担当し、3作目でお亡くなりになってしまった柏木修氏が、新撰組六番隊隊長「井上源三郎」を演じます。

この井上さん、これまでの歴史小説や映像作品での扱いが…地味な人です。
日野の試衛館時代からの古株でありながら、近藤勇に次ぐ使い手と云われながら…。
で、今回の作品での井上源三郎の扱いはどうかというと…やっぱり地味です。
無口です、台詞もあまり喋りません。

その辺は柏木修氏と重なります。
柏木さんも無口な人でした。
なのに意外な人気があるらしく、今回開催された歴代キャラクターの人気投票でも12位だったり、開発スタッフさんに伺っても「不思議とファンが多いんですよ。」との事でした。
ありがたい事です。

そんな地味な井上源三郎(柏木修)が活躍する(?)龍が如くシリーズ最新作「龍が如く~維新~」は、2014年2月22日発売予定です。

日本史、特に幕末好きだけどゲームはあんまり…という皆さんには斬新(すぎる!)その切り口が、そして龍が如くシリーズは好きだけど歴史にはあまり興味が無いという皆さんには、オールスターキャストの夢の競演が、きっとお楽しみ戴けると思います。

ご期待下さいませ!

お盆なのでもう一丁!

お暑うございます!

さて、この夏劇場公開される映画の日本語吹き替え版のお知らせをもう一本!

TVで告知もバンバン流れていますが、スマーフ2と同じく8月16日公開予定の「ホワイトハウス・ダウン」にも吹き替え出演しております。
アメリカの政治の中枢ホワイトハウスが大変な事になっちゃう映画です。

こちらも担当する役名は伏せておきます、是非劇場で探してみてください!


続いて新作海外ドラマのお知らせ。
10月20日22時からスーパードラマTVで放送開始予定のドラマ「VEGAS/ベガス」に吹き替えレギュラー出演致します。

第二次大戦直後の60年代、アメリカ西部の街ラスベガスを舞台に、カウボーイから保安官になったラルフ・ラム(なんと実在の人物だそうです)が、犯罪と闘う姿を描くクライム・アクション!

ラスベガスといえば、私もお世話になってる「CSI:科学捜査犯」も同じラスベガスを舞台にしていますが、こちらは現代のベガス、街の様子も人々も全然違います。
科学捜査もしません、お馴染みのDNA検査も無ければ 指紋の照合も(今のところ)出てきません。
ついでにいえば犯人の心理分析もしませんし、数学の知識も応用しません(笑)。

ではどうやって事件を読み解くのか?とにかく足を使います、街中を走り回り、関係者に聞き込みをし、時には勘を働かせて事件を解決します。

私はラルフの弟で副保安官のジャック・ラム(ジェイソン・オマラ)の日本語吹き替えを担当しております。

CSIシリーズやクリミナルマインドファンの皆さんにも楽しんで頂けるドラマです。
是非ともご覧下さい!

それではまた!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。