咲野BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闘争閉幕!

だらだらしているうちに3日も経ってしまいましたが、おかげさまで「闘争×ホルモン~tacklebag」全日程終了致しました。
今回は、大きな怪我を負う事も無く終えられた事、大変有り難く思っております。
共演者の皆様、お力添え頂いたスタッフの皆様、ご来場頂いた皆様、そして応援下さった皆様、本当にありがとうございました。
今回の私の役処は、かつて名選手、名監督として日本ラグビー界に名を馳せた伝説のラガーマンであり、今は寂れた街で愛する妻と二人ホルモン焼き屋を営んでいる中年男、大浦和男という人物、しかも硬膜下血腫という病気を患っており、半身麻痺、軽い認知症というハンデキャップも背負っている難しい役でした。
一部のシーンを除き左腕は麻痺の為ほとんど動かさず、歩き方も左足を引きずったびっこ状態、台詞もほとんどありません。
今までステージを走り回り大声を張り上げる事で役のリアリティをお客様に押し付けて来た私にとって正に前代未聞の役柄でした。
果たしてどこまで表現出来ていたのでしょうか?幕が降りた今でも実感がありません。
また大浦和男さんという方は、病名やホルモン焼き屋という設定はフィクションですが、牧野役の藤原新太君や協力及び映像出演の浅野選手にとって多大な影響を与えたラグビー部の恩師であり、高校ラグビー界でも偉大な監督だったという実在の人物だったのです。劇中のいくつかのエピソードは御本人のエピソードでもあったりします。
劇場で御本人にもお会いして、お名前を汚してないか心配でしたが、笑顔とともに握手して頂く事もできました。
かなり前に何かの芝居の時にも書きましたが、この「伝説の~」という役柄、本当に厄介なのです。劇中回想シーンで、息子を叱咤激励する事でラグビーへの愛、家族への愛を語るのですが、このシーンが本当に難しい。何しろ約一時間半一言も喋らなかった登場人物が突然喋り出すのです。しかも散々他の登場人物達から「あの人昔は凄かった」とか「今はこんなになっちゃって」とか言われ尽くした挙げ句にです。う~ん、本当にお客様の目にはどう映ったのか?
果たして伝説のラガーマンに見えたのか?
ひとえに、皆様の感想をお待ちしております…。
スポンサーサイト

コメント

お時間頂き、ありがとうございました。

遅ればせながら「闘争×ホルモン」全公演終了、お疲れ様でした。とっても楽しい時間でした。
お酒を噴くシーンでは初日、遠慮がちに噴いていた咲野さんが土曜夜の回では豪快に噴いてたのを見て良かったなあと思いました。

劇中の大浦和男さんという役については二代目も辛いけれど大人になって、この歳になってようやく話し合えることもあるからそれが出来ないのはお互い辛いだろうな、と単純に第一線で働いていた人が現役を退く思いは切ないな、をいろいろ重ね合わせて観ていました。
入り込みすぎてしまい、公演後に咲野さんの左半身が普通に動いている方が不思議な気がしています。
本当に楽しかったので、もうあの舞台は観られないんだと思うと寂しいのですけれど(公演そのものの感想は制作部充に送らせて頂きました)今後のご活躍も影ながら応援しています。

遅ればせながら…

パソコンが壊れてしまい、携帯電話等も持っていないアナログ人間の
私ですので・・・ここに書くのが本当に遅れてしまいました。
本当にごめんなさい!!今は新しいパソコンで仕事もバッチリデス^^

今回の舞台は大人数でしたが、まとまりのある、それでいて迫力の
ある演出で、とてもよかったです。
咲野さんは、よろよろ登場されて、ニコニコしながらテーブルを
拭いたり、ポッキーをおぼつかない手でゆっくり食べたりしている
シーンでも存在感があって、すごいな~と思って観ていました。

かつての名監督…という役は、以前もお書きになっていたように、
大変な思いをされて役作りをなさったのかなと思いましたが、
現役時代のシーンや、「今」でも、ボールを持つと人が変わるシーン等、
メリハリがきいていて観ていてとても気持ちがよかったです。
ああ、舞台っていいな~と興奮の後、しみじみ思いました。

また、舞台で皆さんにお会いしたいです^^

あと、茂野さん、お疲れ様でした。息子さんの大リーグでの今後の
活躍にも、思いをはせております。・・・では、また。

  • 2010/09/26(日) 20:46:03 |
  • URL |
  • 菊水 #q01uMFeg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakuyan.blog5.fc2.com/tb.php/252-db76a9af
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。