咲野BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盆、はかなきは花火

お盆で御座いました。

今年も箱根で花火を眺めながら

今年のお盆はいつにもまして神妙な気持ちにさせられる気がしました。

海に散った大勢の方々の御霊、皆さん道に迷う事無く大切な人達のもとに戻れていれば良いのですが…。

思えば、花火や大文字焼きも含め歌やお芝居、すべての芸能は神や仏に捧げられたものが始まりでした。

私もその一端を担う者として、その事を決して忘れてはならないと今あらためて感じます。

私は信心深い訳でもなく、むしろ無神論者に近い性分ですが、だからこそ日本中の八百万の神々にそう誓います。


だからこそニッポンよ
もう一度立ち上がれ!

let's try again !
スポンサーサイト

numb3rs終了!

numb3rs全6シーズン118話の収録が終わりました。

足掛け4年、供に歩んで来たチャーリー役ともお別れです。

毎回苦労させられた数学の解説…。

これは天才数学者であるチャーリーが、その回の事件を解決する為に数学のどんな理論をどの様に応用するかをFBI捜査官や一般の人達に分かり易い例に例えて解説するという物です。台詞とはいえ、私自身がある程度理解してないととても自分の言葉にする事は出来ません。
個人的にはまったく縁がなかった数学の理論をウィキペディアや辞書をめくりながらなんとか自分なりに納得した上で現場に臨んでおりました。

苦労したnumb3rs、思い入れもひとしおですが、正直今は「ホッとした」の一言です。
スタッフ、共演者にもただただ感謝です。

怒涛の展開のシーズン5のDVDは9月発売、グランドフィナーレを迎えるシーズン6は来年の発売予定です。
是非ご覧になってみて下さい。

クオリティ

最近、前にもましてクオリティというモノについて考える様になりました。


勿論、いろんな人間がいろんな主観を持ち寄り、想像を超えるものを完成させる事、それが物事に携わる者の理想である事に違いは無い訳ですが…。

ここで注意しなくてはいけないのが、各自の到達点の設定です。
同業者が集まっている以上目標は同じと錯覚しがちですが意外にバラバラなのです。


その到達点、もしくは目標とする場所が同じ場所では無い場合、ある種の摺り合わせが必要になるのです。

その摺り合わせとは、目標を遠くに設定している者にとっては妥協になり、目標を近くに設定している者にとっては高望みになる訳で、複数の人間が携わる場合にはより複雑な摺り合わせ作業が必要になります。


昔から「目標は高く持て」といいますが、必ずしも遠くに設定する事が良い事でも無かったりします。
そこには個人の実力、スキルといった客観的要素も深く関わってくるからです。

自分の設定した到達点が必ずしも集団の掲げる目標では無い…。
そう言い切ってしまったら集団で何かを造り上げる作業そのものを否定してしまう様に聞こえてしまいますが、この事に目を背けて作業に関わってもいけないと最近良く思うのです。

万人の求めるクオリティとは一体何なのか…。

戦争の早期終焉の為と云われ原子爆弾の開発に携わった科学者達が考えた到達点とは何だったのか?大量殺戮兵器の完成?その先の有効利用?

原爆は悪、原発は善と云われて約五十年、しかし原爆も、目的通り戦争を終結させたという点では当時のアメリカにとっては善だったのです。原発も、今回の震災で色々な事が露呈するまでは地域に大きな経済効果をもたらす善の施設だったはずなのです。

万人の求める到達点、万人の求めるクオリティとは?
んー、難しい問題です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。