咲野BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

那智さんの事

またのご無沙汰で恐縮です。
野沢那智さんがお亡くなりになりました。
レギュラー番組でお世話になったとか、教室で教えて頂いたといった事は無かったのですが、現場でご一緒する度、数多くの事を教えて頂きました。


十年程前、まだ私がこの仕事を始めたばかりの頃、メインキャストの4人だけで1日収録をする映画の吹き替えの現場に参加させて貰う機会があり、那智さんとご一緒させて頂きました。
その時の那智さんの役が、ロバート・レッドフォード演じる捕虜収容所の圧制に立ち向かう捕虜達のリーダーの陸軍大尉だったのですが、物語の終盤その大尉が志半ばに倒れてしまうのです。
で、それまで従順とは言えなかった私の担当する伍長がナレーションで大尉の死を悼むという場面がありました。ところが、経験も浅く、ナレーションにも馴れてない私は「陸軍大尉」という一言が、何度テイクを重ねても云えません…。
緊張と恥ずかしさでしどろもどろの私に那智さんは、「悪いなぁ、俺が海軍大尉だったら云いやすいのになぁ」と笑いながら言って下さいました。

そんな、大らかで優しい方でした。

心よりご冥福をお祈りします。
咲野俊介
スポンサーサイト

ご無沙汰です。

稽古終盤が怒涛のスケジュールだった為か、舞台閉幕とともに仕事もひと段落しまして、比較的ゆっくりさせて頂いております。
のくせになかなかブログ更新せず、申し訳ありません。
さて、新しいお仕事のお知らせから。
既に公式サイト等でも吹き替えキャストが発表されておりますが、ドラマ「三国志」の日本語版収録が始まっております。
私は呉の初代皇帝「孫権」役を担当、第34話からの登場になります。
皆さんご存知の劉備・関羽・張飛や曹操らが大活躍の第1部を受けての登場で、初回登場時なんと十八歳!(笑)
しかも、いきなり先君である兄孫策から死に際に王位を託され、悩むところから始まります。
このドラマ「三国志」、全95話もありまして、今までの壮大なストーリーのダイジェスト版的なドラマや映画とは違い、まさに21世紀の三国志決定版だそうです。なんと総制作費25億円!本国中国でも毎回視聴率がNo.1!という超大作!
日本語吹き替えキャストも映画や海外ドラマでお馴染みの主役級がズラリ!
是非ご覧になってみて下さいませ。

続いてはオンエア情報!
LaLaTVで好評放送中の「ギルモアガールズ」の第5シーズンがこの秋放送決定!
第4シーズンの最終回でようやくお互いの気持ちを伝えあったルークとローレライ、果たして幸せな日々になるのでしょうか?
こちらもよろしくお願いします!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。