咲野BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋深し…

シルバーウィーク、終わりましたね。なんか今年はこの後も、10月11月と一回ずつ三連休があるそうで、年末なんてあっという間ですね。
ま、例によって私の仕事の場合曜日も日にちもあまり関係はありませんが…
さて、丸2ヶ月半位割とのんびり(?)暇~な時間を過ごしていましたが、今月末からはそうも言ってられなくなって来ました。
先日DVD発売のお知らせをした「ギルモアガールズ」シーズン4の収録が後半に入ったと思いきや、中断していた「nip/tuck」シーズン5の続きと、「ダーティーセクシーマネー」シーズン2の収録がスタート、10月に入ると更にレギュラー出演中の海外ドラマの新シーズンの収録が2本加わります…
いやはや仕事するのは好きなんですが、もう少しバラけて入ってくれればねぇ…何もこんなに一気に来なくても…
気を取り直して…
DVDのご紹介です!
今年のアカデミー賞を賑わした「スラムドッグミリオネア」と「ミルク」、どちらの吹き替え版にも声の出演をしております。「スラムドッグ~」ではインドの悪人を、「ミルク」の方ではショーン・ペン演じるミルクの政治上のライバルで、自分の弱さから結果悪人になってしまうへたれ男を担当しております。あれ?悪人ばっかりですね。
それではまた!
スポンサーサイト

世はシルバーウィークだそうで…

皆さんコメントありがとうございます。コメント欄が賑やかだととても楽しく感じます。
これからも私の本文の内容にこだわらず、掲示板だと思って大いにフリートークしちゃって下さい。私も読むのが楽しみですから。

話変わって、私が舞台に出てるって知らなかったというご意見…あはははは、そうなんですよ、実は私今でこそ、「声優の咲野です」みたいな顔してますが、このお仕事をそれなりにやらせてもらえる様になったのはここ十年ちょっとでして、それまでは、自称舞台俳優の社会的には何の役にもたってないダメ人間でした。で、声優に関する専門的訓練は何も受けないまま、スタッフさんや共演者の皆さんのおかげで現在に至っております。(ま、社会の役にたってないという部分は変わってませんが…)
そして、今舞台はどうしてるかと申しますと、素晴らしき友人であり偉大なる才能の持ち主にして、同志であり盟友である西村太祐氏率いる劇団「グワィニャオン」さんの舞台に自由に出演させて貰いながら、ホームページの一角に間借りさせて貰っている訳です。
ブログの管理もホームページ担当の所属俳優すわいつ郎君に任せっきりです。厄介な迷惑コメントがなかなか削除されないのもそのせいなのです。
あ、それで思い出しましたが、これも任せっきり、無責任故ですが、ブログ本文の一番下の<拍手>ボタン内にもコメント欄がある事も最近知った訳でして…で、ふじのさん、何度かコメント頂いてるのにお返事遅れて申し訳ありません…この場を借りてお詫び致します。
ただ、(相変わらず私が携帯から更新をしているのが一番の悪因ですが…)拍手コメント欄を開くには一度自分で拍手ボタンを押さなければいけないのです。これが困ります、なんだか自画自賛な感じで気恥ずかしいというか…押す度につい周りをキョロキョロしてしまいます。

モンタさん、「WATCH MEN」の感想ありがとうございます。
アメコミヒーロー物では異質な作品ですよね。本国で原作コミックが発表された時も物議を醸したそうですが、強い力を持つが故にさんざもてはやされた挙げ句異端扱いされるあたり、仮面ライダーをはじめとする故 石ノ森章太郎先生の作品の登場人物達とも重なる感じでした。
そして「ギルモア・ガールズ」が遂に!DVDになります!今までも何度かここでもお話ししましたし、lalaTVでご覧頂いてるファンの方から応援コメントを頂いたりしましたが、全国のレンタル店DVDショップに並ぶのは、更に大勢の皆さんにご覧頂ける訳ですから嬉しい事です。

連休突入のご挨拶で終わろうと思ってたのに…またダラダラと書いてしまいました。ごめんなさい!皆さん素敵な連休をお過ごし下さいねー!

まったく苦手で御座います

先日、ネット上の私に関する記述をなんとなく色々読んでいましたら、こんなのがありました。
「咲野俊介さんという声優さんは、写真映りがとても悪い。何度か本人にも会ったが、写真を見て正直笑ってしまった。」…
あはははは、そうなんですよ、正に仰有る通り、大の苦手です。
これは今に始まった事ではなく、昔からそうです。子供の頃の写真を見ても、「シュワッチ!」や「変身!」のポーズをとっているか、でなければ変顔をして映っていて、おすまし顔や二枚目の顔で映ってる写真なんてありません。
中学や高校になると、みんな色気づいて卒業アルバム撮影に合わせて髪型を代えたり整えたりするものですが、その辺も無頓着…で、苦手なまま人前に出る仕事に就いてしまいました。
プロになってかれこれ20年以上ですが、宣材写真は何度撮っても事務所スタッフにがっかりされるばかり、取材写真も然りです。
なんかね、シャッターが降りる瞬間が苦手なんです。緊張します。舞台なんかで動き回ってる時は何人お客さんがいても平気なんですが…静止画像がね…
今はカメラ付き携帯やプリクラの普及と浸透で、一般の方々もご自分の写真のベストな撮られ方というのをご存知の様ですが、勿論その世代でもありませんし。
写真映りで思い出しましたが私の仕事、少なからずナルシスティックな部分がないと成り立たない仕事です。被写体として映る時は勿論、声だけで何かを表現する場合もそうです。自分の姿、自分の声に酔いしれながら仕事が出来れば、本人も気分が良いでしょうし、出来上がりも良いでしょう。わかってるんです、わかってはいるんですが駄目ですね。
普段は鏡さえほとんど覗きません。整髪料もつけませんし…帽子を被って押さえつけるだけです。だから通勤電車でよく見かける、窓際で指で毛先をクルクルなんて事もしたことありません。
スタジオでシリアスな二枚目の声を担当していながら、休憩に入ったトイレの鏡で「あっ!でっかい目ヤニ!」なんて事もあったりします。相手役の方々ゴメンナサイ(笑)
うーん、かといって自意識過剰気味の役者ほど見苦しいものもないですし…加減が難しいです。
私もその辺もう少し意識出来れば少しは仕事の腕も上達するんでしょうが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。