咲野BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永遠に幸あれ!

今日は横浜に来ました。季節は六月、親戚の結婚式でございました。新婦は私の従兄の娘さん(はとこの関係かと思ってたら違うようです)新郎のご出身が神奈川らしく、横浜でのお式でした。我が一族も九州宮崎から大人数で出席すると聞き、中々帰省しない親戚不孝な私も出席させていただきました。実は私、恥ずかしい事に、こういったホテルウェディングという、式から披露宴の定番形式の結婚式に出席するのは初体験で、何もかもが新鮮でした。チャペルでの賛美歌斉唱も、親族控え室も初めて尽くし。子供の様にすべてにキョロキョロしておりました。でも親戚、家族ってやっぱり良いものですね。お姉ちゃん(従兄です)はずぅーっとお姉ちゃんだし、おばちゃんはひいおばあちゃんになっていても、私にとってはおばちゃんのままですから。でも自分より年下の子達が三人の子供を立派に育ててるお母さんだったり、結婚して意外に私の自宅の近くに住んでいたり、新婦が職場の同僚との恋愛結婚なんて話を聞くと、改めて、私の様な職業の人間の社会的な成長スピードの遅さに驚
かされます。それにしても、今日の花嫁、本当に綺麗でした。最後の両親に贈る手紙の朗読の際、小さかった頃の新婦の姿を思い出してジーンとしてしまいました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。