咲野BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この秋、お~い!竜馬っ!

幕末という時代、私も日本史の中で唯一、革命があった時代として大好きですが、まぁ世の中には同じようにその時代に熱い思いを持つ人が大勢いるようで、また今回集まったキャストはそんな人種ばかりで。連日むさ苦しく稽古をしております。その人生まさに花火の様な坂本竜馬を中心に、個性的な人物ばかり…その個性のぶつかり合いがいつしか一国家をも動かして行く。そんな若者群像が描き切れれば大成功だと思います。で、私の役どころ、皆さんの予想通り、幕府の重臣でありながらかの坂本竜馬に大きな影響をあたえ、いち早く開国を唱えた変人とも言われる勝海舟先生です。私は幕末~明治のお芝居に三本程参加してますが、桂小五郎に大久保利通と、倒幕側ばかりでした。幕府側の人物を演じるのはまったく初めてです。ところが調べてみるとこの人も面白い!当時三百年続いた幕府側にいながら世界の中の日本という物をちゃんと見据え、風見鶏と言われながらもこいつら面白いって理由だけで倒幕派とも関係を深める。そして徳川家を傷つけずに江戸城無血開城。挙げ句明治
政府が樹立されても、政治は嫌いという理由だけで、海軍で船に乗り続けたという逸話の持ち主。これだけでも面白い!ちょっときりがないので芝居の中身についてはまた今度。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。