咲野BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェリックス、いやフィリックス

暑い日が続いてますがお元気でしょうか?昨日1ステージ、今日2ステージ、無事フィリックスの全公演が終了しました。唐突なお知らせにも関わらずお越し下さったれのさん、さくらんぼさん、とても嬉しかったです。有難うございました。この仕事は、自分で台本を書かなくてはならない為下準備が大変な割に、本番はあっという間なのでとてもはかないのです。さあ、次はいよいよ「お~い!竜馬」です!

スポンサーサイト

昨日はちょっと…

昨日は「物申す!」っぽくなり過ぎましたね。今日は少しお知らせを!随分前に、(ちょっと何月だったか定かでないのですが…)1920年のフェリックスに会おうという85年前のアニメ無声映画に生演奏と共に弁士として参加したっていう話があったのを覚えてらっしゃいますか?急遽ですがその催しに又参加する事になりました。8月26、27日の二日間で26日は19:00、27日は13:00/17:00の計三回公演です。場所は前回と同じ代々木のプーク劇場です。諸事情により本当にギリギリのお知らせで恐縮ですが、たまたま空いてる方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。尚、チケット、お問い合わせはプーク劇場HPまで。それが終わればいよいよ「お~い!竜馬」の稽古に入ります。凄いお芝居になりそうな予感がしております。今回は遠方からいらしても損はさせない自信があります!私個人的にも原作に強烈な思い入れがありますし、2005年40歳の私のターニングポイントになる作品でもあります。尚、まっ
つん情報によると早くもチケットの売れ行きがいいそうですので、後悔したくない方は早めのご予約をお薦めします!

残暑ざんしょう!

今日の東京は蒸し暑いですな。またかなりのご無沙汰になってしまいました。祭りさんも気が気じゃないでしょうが駒苫野球部問題について…殴られた生徒の殴られた理由ではなく、殴った部長の殴ったという事実、そして殴る事を見過ごした大人達に非があるかのような学校側の対応…そしてこの問題が公になった時期…何をとっても新党日本位納得がいきません。未熟な人間は未熟だから間違えるし反抗もするでしょう、でも未熟だから仕方がないとその未熟さを擁護してしまったらその本人はいつまでもその未熟さに気付かないと思うのです。親から訴えられる前に、マスコミに嗅ぎつけられる前に、でありながら優勝がかかってるから決定してから…なんとも大人の事情です。昔から高野連とIOCの作られたクリーンさには呆れてましたが、高校側、生徒側もこんなんじゃもうダメだこりゃあ。ここは一発件の生徒が「僕が言う事聞かないから部長が処分も気にせず教えてくれたんです!」と声を大に叫ぶべき!それこそが健全な生徒の自主性では?しかし私も中学位から良く殴られた
なあ…懐かしい…

ご無沙汰でっ!

ロックフェスから一週間、実は後遺症に悩まされております…つっても深刻でもなんでもありません。あの炎天下、四十歳の私も二十代三十代の若者の真似をして上半身裸、ズボンのすそをまくって楽しんでおりました。で、それなりの日焼けをしまして、熱中症や日射病になる事も無く無事に帰って来ました。それがいけなかったのです…それなりの日焼けを見ながら、「これは十月の芝居に使える!」と、悪い癖が…で四十歳の私が恥ずかしげもなく出掛けたのはなんと日焼けサロン。和服の日焼けの為には全身を焼いておく必要があるのです。で、野外ライブで下地が出来たのをいいことに、〔ウルトラターボ〕というその店で一番強力な最新鋭マシンをオーダーし、時間も最長の一時間に迷わず決定!半分寝ながら過ごしました。終了後は特に異常もなく、ちょいと赤いかな?位だったのですが、夜、突然の悪寒…なんと脱水症状から発熱…女房にも「小学生じゃないんだから!」と呆れられながら看病を受け、やっと熱が下がったと思ったら今度は全身の皮膚がびりびり…まったく情けな
い……今日はどうにか元気に「エターナルサンシャイン」という映画のDVD用の収録に来ております。まだちょっと痒いですが。この作品私はほんの少ししか出演してませんが面白いです、あのジム・キャリーが真面目に優柔不断な男を演じてます。お薦めのラブストーリーですよ。そしていよいよ、このブログの大家さんでもある劇団グワィニャオン渾身の特別公演「お~い!竜馬」が本格スタート、この公演はいつもと規模が違います、プロデューサーはジョーダンズの三又君、出演者も超豪華となっております。ま、私は毎度お馴染みですけど…絶対素晴らしい舞台になりますぜ!今回も私は歴史上の有名人物になりそうです。日焼けの似合う…さあ誰でしょう?お楽しみに!

フェス!!

20050808153902
しかし暑いですね、でも私昨日は多分関東で一番熱い日曜日を体感しておりました。毎年茨城のひたち海浜公園というとてつもなく広い国営公園で開催されている「ROCK-IN-JAPAN-FES」を観に行ってきました。朝の11:00から夜8:30までまさにジャパニーズロック漬け、しかも炎天下の野外!四十歳のおっさんにはチト酷なイベントでしたが、いゃあ楽しみました。名前は知ってても楽曲をちゃんと聴いた事のない若手のバンドからベテランバンドまで一日7バンドが30分のインターパルを挟みながら次々に登場します。四十歳のおっさんが無謀にもなぜ参加したのか?それは今年結成27年になる中高年バンド、サザンオールスターズが出演したからでした。昨日の7番目、大トリの出演でしたが、やはり老練、客を楽しませる事を知り尽くしたステージでした。終演後の花火を眺めつつ、「サザンと共に、まだまだ若い者には負けんぞ!」という気持ちを新たにする私でした。なんて偉そうに書いてますが、実はこのイベント、毎年三日間連続で行なわれてまして
、しかも大きなステージが会場に二つあります。つまり一日に約7×2の14組×3の42組ものアーティストが出演するのです。二つのステージは同時進行なので勿論すべてを観る事は不可能ですが、強者は三日通し券で三日間通うそうです。凄い…イベントスタッフも大変でしょうが、会場整理からゴミの処理まで、とても考えられていて素晴らしかったです。皆さんもあの素晴らしさ、ぜひ体験してみて下さい。あ、フェスについて書きすぎた…グワィニャオンのこの秋の一大イベント「お~い!竜馬」については次にしますね!

言ってもしょうがないけど

やっぱり暑いですね…みなさん大丈夫ですか?今日は私お休みです。先日お伝えした二作品ですが、両方ともDVDです。「狼たちの鎮魂歌(レクイエム)」は祭りさんが発売日まで調べてくれた様ですね、「ニューヨークセレナーデ」はすでに発売中で、レンタル店にも並んでるはずです。たしか裏面に吹き替えキャストが載ってないのでご注意を!この裏面に載せる載せないっていうのはメーカーによって違う様で、私達も発売されてみないと分からないんです。また、収録の後で邦題が決まる事もあって収録時と題名が違ってびっくりする事もあります。大人の事情ってヤツですかね。話かわって、祭りさんの質問、役者の台詞覚えの件ですが、記憶力検定の国家試験に合格した優れた人たちが役者をやってる訳ではないので、覚え方も速度も千差万別…私の場合どっちかというと台詞の文章そのものよりも前後の流れからその台詞の自分勝手な心理の流れを作って(でっちあげてか?)覚えてるってのがほとんどですね。だから書いてある台詞のまんまじゃない事が多くて相手役に迷惑を
かける事も多々あります。でもその方法ではごまかせないのが長台詞、ギリシャ悲劇やシェイクスピア作品の朗々と喋る長台詞は本当に覚えにくいです。祭りさんのスピーチ原稿もそれに近いのでしょうが、会話じゃない長い言葉は、もう丸暗記しかありません。私は歩いて移動しながらや入浴中にブツブツ云いながら覚えています。しかもこればっかりは普段の慣れや訓練でどうにかなるものじゃないんで、その場その場で対応するしかないんですよ。聞くところによると、右脳左脳の役割が関わってるそうですが、今どっちを使ってるって実感がない以上、やっぱり繰り返すしかないんでしょうな。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。