咲野BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベン・アフレック君

れのさん本当にお詳しいですね。ありがとうごさいます。ベンと最初に出会ったのは前記の通りチェンジング・レーンでした、当時彼はもうアメリカでは青春スターとして、アルマゲドン、パール・ハーバーという大作にバンバン出演しておりまして、日本でも有名になりつつあるところでした。彼の声は既に何人かの先輩方がアテてらして、今更若輩の私が入り込む余地は無かったのですが、あるディレクターが抜擢してくれたおかげでここまでのお付き合いになったのです。で、「ジーリ」ですが、本国では「公私混同!」と言われ、ワースト映画として有名になり、日本では公開もしてもらえなかった作品でしたが、私は好きな作品です。チェンジング・レーンやペイ・チェック等インテリの役の時のベンは、どうも彼自身窮屈そうに見えるのですが、この作品ではさえないチンピラという役どころで、当時のフィアンセとの共演という事もあってか、いつに無くのびのびとお芝居をしている様に感じるのです。 なかなか日本で人気が上がらないまま、スキャンダルや破局報道でマイ
ナスイメージが先行してしまっているベンですが、根はいい奴だと思いますので応援してやって下さいませ!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。